August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2017年08月03日のつぶやき

22:00
人に紹介される記事を書く(アメブロから出版する方法) https://t.co/bBqMiDmt1F
20:49
熊本での出版実現セミナーに参加してくださった横山摩弥さんの企画が出版決定! https://t.co/0wCmoCFUDc
06:00
通りやすい企画というものがあります。すでに出ている書籍の改訂版などです。目安としては3ヶ月前です。企画立ち上げから発刊までは最速で3ヶ月位だからです。 https://t.co/12A6wFMHxF

出版コーディネーターによる2017年08月02日のつぶやき

22:00
出版企画書の納期について考えよう(商業出版に必要な企画書) https://t.co/WVqYJwWJeH
06:00
アメブロから直接利益に結びつけるいわゆる商用利用は禁止されています。並行して他のサービスを使うといいでしょう。WordPressがおすすめです。敷居が高いですか?。おすすめの入門書をご紹介します。 https://t.co/TaKFcOgSYU

出版コーディネーターによる2017年08月01日のつぶやき

22:00
著者による自己買いするなら、著者購入か、書店購入か(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/i7uOVkG10H
06:03
ベビスタ第一期四回目の個別サポートデーでした https://t.co/GPIBvet63f
06:00
どうしても出版したいのなら、条件面の敷居を下げる(商業出版に必要な企画書) https://t.co/FHUfT12I1x

出版コーディネーターによる2017年07月31日のつぶやき

22:00
ペンネームは使えるのかという質問がよくあります。結論から言えば使えますが、本名で出版すべき状況というのは存在します。あなたの企画があなた自信の「資格」によるものですか?「実績」によるものですか?。 https://t.co/Lyq25RZgPQ
06:00
出版企画書の納期について考えよう(商業出版に必要な企画書) https://t.co/WVqYJwWJeH

出版コーディネーターによる2017年07月28日のつぶやき

22:00
著者が本を売る時代になってきました。試しに売れ残り分を買い取る宣言をしてみてはどうでしょう?。出版社の負担は多少減りますので企画が通りやすくなるかもしれません。 https://t.co/w5yhWOkHhy
06:00
この著者の方は出版した際に独自のイベントを仕掛けました。それはこの人の出版に対する考え方によるものからです。著者として大事な信念を持っているといえるでしょう。 https://t.co/jQYT3BmeO9

出版コーディネーターによる2017年07月27日のつぶやき

22:00
プロフィール自己紹介の違い(著者プロフィールの書き方) https://t.co/uvfKp1HQg2
06:00
本を出すと書店まわりしたがる著者は多いです。なぜでしょうね?。この書店まわり、人によっていろいろな意見があるようなのでやるかどうか、事前に関係者に確認を取ったほうが良さそうです。 https://t.co/kIJ3Gc9qn0

出版コーディネーターによる2017年07月26日のつぶやき

22:00
出版が決まるときは2パターンに分けられます。一つはその”人”で決まる場合です。肩書がすごい人の場合はこれで決まります。その人の本を作らせたいと思わせれば勝ちです。 https://t.co/hFXMWfU34b
06:00
いよいよ本を発刊したら次は売らなくてはいけません。本を売る上で一番大事なことは何でしょうか?。実はごく単純なことですが実行するのは意外と難しいことかもしれません。 https://t.co/u1G2ccCuZM

出版コーディネーターによる2017年07月25日のつぶやき

22:00
本気で本を出版したのなら(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/zZoX7VgRCN
06:00
企画書にはタイトルが重要です。あまり奇をてらったものではなく、わかりやすく、編集者の心をつかむものが素晴らしいです。 https://t.co/OR3qrxorXs

出版コーディネーターによる2017年07月24日のつぶやき

22:00
出版企画書の書き方/書名(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/aw7po0WuXr
21:56
【熊本遠征】お客様が申し込みたくなるブログ記事の書き方inひごスタ https://t.co/vYil23EZHF
06:00
会社や事務所で本業を加速させる出版企画の考え方(経営者・起業家・社長のための本業に役立つ出版の方法) https://t.co/0be1IOVwih

出版コーディネーターによる2017年07月21日のつぶやき

22:00
企画を売り込むときはできるだけ担当者と直接会うことをおすすめします。直接顔を突き合わせて話すことはメールの文章よりもお互いにわかり合うことがおおいものです。 https://t.co/bF6kD8asDC
06:00
以前、編集者を列車に監禁して出版を実現した方がいるとお話しました。ある意味で理に適った方法です。編集者とじっくり話す機会は必須だからです。ただそのために豪華列車の切符を取るのは困難です。弊社ではもう少しお手軽な手段をご用意しました。 https://t.co/vAMw4vKFOP
<<back|<123456>|next>>
pagetop