June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

出版コーディネーターによる2018年06月06日のつぶやき

22:00
自分の「書きたいこと」が売れる内容であるとは限りません。それならば自分が書ける「売れそうなこと」を考えましょう。つまり、読み手側の視点に立てばその本が売れる可能性は高まるのです。 https://t.co/agS8V7Guir
10:10
起業初心者のための勉強会『ベビスタ』第四期の三回目の講座でした https://t.co/Mfs09RVNRm
06:00
モテブロガーに挑戦してみよう(アメブロから出版する方法) https://t.co/BkL78sUsFh

出版コーディネーターによる2018年06月05日のつぶやき

22:00
以前、編集者を列車に監禁して出版を実現した方がいるとお話しました。ある意味で理に適った方法です。編集者とじっくり話す機会は必須だからです。ただそのために豪華列車の切符を取るのは困難です。弊社ではもう少しお手軽な手段をご用意しました。 https://t.co/7PTYsXccIN
21:01
永吉真夕さんの『しなやかな暮らし』が発売されました https://t.co/Vpd0weQwhU
12:31
迷わず素早く誰でも売れるランディングページを作れるセミナーに参加しました https://t.co/f1PZqKuSAg
06:00
プロフィールに完成はない(著者プロフィールの書き方) https://t.co/327UfSGRt6

出版コーディネーターによる2018年06月04日のつぶやき

22:00
商業出版では売れるテーマを書かなくてはいけません。それはお金を得るに値する情報ということです。もしかするとあなたが書くべきことはあなたの周りの人のほうがよく知っているかもしれません。 https://t.co/zKOXpTEeni
12:31
八重洲ブックセンターで神田山緑先生の出版記念トーク&講談イベントが開催されました https://t.co/1dzV4UV29P
06:00
企画書から読み取れる情報は非常に大事です。あなたの企画書からどんな本ができるのかイメージすることはできますか?。もっとも重要なポイントはそこなのです。 https://t.co/qznWJQq1df

出版コーディネーターによる2018年06月01日のつぶやき

22:00
出版するのなら、有料メルマガ、会員制ビジネスをやっておきましょう(アメブロから出版する方法) https://t.co/vh8R8o7wwV
06:00
出版企画書で誌面イメージを伝えよう(本の出版企画書の書き方) https://t.co/OM4aMXtG7a

出版コーディネーターによる2018年05月31日のつぶやき

22:00
読者のニーズを意識して記事を書こう(アメブロから出版する方法) https://t.co/1JHGEvIXOg
12:29
『「自分ブランド」のつくり方』の出版記念感謝パーティーin東京に参加しました https://t.co/YNlHqvKCb0
06:00
「自己買いするなら自費出版と同じですよね」。本当にそうでしょうか?。商業出版で本を出すことのメリットを考えると必ずしもイエスとは言えなくなってしまうかもしれません。 https://t.co/JkUUkuZFJk
02:49
【福岡&熊本遠征 第三弾!】お客様に選ばれるプロフィールの作り方inひごスタ https://t.co/fEQPiC1njd

出版コーディネーターによる2018年05月30日のつぶやき

22:00
両方揃うと、殺到する出版のオファー(一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略) https://t.co/kDFfyu02sD
06:00
価値のある情報こそ人より先に記事に書く(アメブロから出版する方法) https://t.co/UjGtqR7G7Q

出版コーディネーターによる2018年05月29日のつぶやき

22:00
出版した本で著者ブランディングするには(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/Lvpxc7Ie0m
11:06
【福岡&熊本遠征 第二弾!】出版企画勉強会in福岡 https://t.co/eBkLLSWCEd
06:00
企画書を作る際、書名は最初に書きましょう。発刊の際は出版社が決めた書名になることがほとんどですが、まずは編集者に企画書を読ませる必要があります。書名を考えるポイントを幾つかご紹介しましょう。 https://t.co/zheKCMBoRn

出版コーディネーターによる2018年05月28日のつぶやき

22:00
郵送を希望する出版社というのもまだまだ多いのです。そんな会社に送るときは郵便で送り、にじまないペンを使いましょう。そして封筒におもしろコメントを書くのはやめることです。 https://t.co/Z2tyRGluXs
16:15
書きたいことより、読みたいと思われることを書こう https://t.co/eJ89BGlns1
12:46
【福岡&熊本遠征 第一弾!】出版実現セミナーin福岡 https://t.co/BVFySZscnC
06:00
プロモーションの仕方は書店周りだけとは限りません。それに書店周りはそこそこの地域、書店によっては否定的な考えを持っている場合も少なくありません。そこで今回は書店周り以外のプロモ方法をご紹介しましょう。 https://t.co/MCUJBEN8Jr

出版コーディネーターによる2018年05月27日のつぶやき

14:25
本日のニューフェイス! 三浦家の出版記念パーティーで、こっそりお披露目。来週、Amazonキャンペーンがあります。 #本 https://t.co/1resog9C9M

出版コーディネーターによる2018年05月25日のつぶやき

22:00
タイトルが企画の運命を左右するということはよくあります。加えて魅力的なサンプル原稿があればそれだけで企画が通る確率は上がります。 https://t.co/2L2sqftY07
06:00
売り込み方でわかる、出版が決まる人、決まらない人の違い(出版社に企画を売り込む方法) https://t.co/zJs4qxvv9V
<<back|<123456>|next>>
pagetop