December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2013年09月12日のつぶやき

23:09
出版プロデューサーの優劣は「経験、実績」「キャッシュポイント」「職務範囲」の3つで見分けられると思います。契約を結ぶ前にじっくり調査しましょう。それでも、最終的には会って判断することをオススメします。 http://t.co/8jGzcwk96h
17:15
アマゾンキャンペーンの乱発で、その効果がかなり薄れつつあります。アマゾンキャンペーンを仕掛けたのに1位を取れないと逆ブランディングになりかねません。やるなら1位が必達です。http://t.co/jfiVETYL7J

出版コーディネーターによる2013年09月11日のつぶやき

22:51
弊社の像キャプチャの注意点。デスクトップテーマは各OSの標準を使う。Windows 7/VistaではAeroはオンにし、透明化をオフにする。Windows XPではLuna(青)で背景画像はなし。 http://t.co/QANJVpqRph
17:08
出版業界では、前著が売れた実績を残していれば、比較的、次の企画は通りやすくなる傾向があります。しかし、前著が、共同出版や自費出版では意味がありません。http://t.co/BqO6C7cCbW"
13:35
玉井昇さんの『Google Analyticsで集客・売上をアップする方法』が発売されました http://t.co/IXaQqPttxt

出版コーディネーターによる2013年09月10日のつぶやき

22:42
出版社の編集さんは多くのライターさんや著者さんと交流をもっていますので、よほどのことがない限り、著者さんで困ることはありません。ただ、極稀に著者さんのあてが無い企画を担当することがあります。http://t.co/ZnLXHBf9MV
17:09
「千部売る覚悟」とは、簡単に言えば「千部に届かなかったら、差分を買い取る」ことはできるのかということです。本来なら、そこまでする覚悟ができて、はじめて「千部売る覚悟」ができたと言えるはずだと思います。http://t.co/XtS7MQ1Chn

出版コーディネーターによる2013年09月09日のつぶやき

17:15
編集者がどうやって著者探しをしているかを分かっていれば、先回りして編集者に見つけてもらう、編集者が著者にしたいと思うようにアメブロにいろいろ仕込んでおけば、きっとオファーしてくれるようになります。 http://t.co/XgZ2JR5PDE

出版コーディネーターによる2013年09月06日のつぶやき

22:15
書店周りは、著書を置いていない書店で「置いてください」と押し付けがましく売り込むのではなく、著書を置いてくれている書店で「置いてくれてありがとう」と言うようにしてください。http://t.co/MsZZ8WIG6n
17:11
企画を考える時、その企画の内容が『読者がそこに悩みを持っていて、その解決策を書店に求めているかどうか』この思考が凄く重要なのです。読めば役立つ内容であっても、読者と巡り合わなければ意味がありません。 http://t.co/sb1oCVGjEo
15:45
高額なお金を払わなくても、最短距離で出版できる方法をお話しします http://t.co/pfIiRwwTY8

出版コーディネーターによる2013年09月05日のつぶやき

16:46
安達晃さんの『音痴も直る♪奇跡のボイストレーニング』の4刷が決まりました! http://t.co/56S92Pu0hj

出版コーディネーターによる2013年09月04日のつぶやき

17:11
編集者との接点を得るのは、名刺交換をする1分程度の時間しかチャンスはありません。その1分間で、いかに自分をアピールできるかが勝負になります。http://t.co/WQEn1tSEIj
13:59
山口裕一郎さんの『90日間で30万円稼ぐ かんたんネット輸入&販売』が発売されました http://t.co/mWqeWlScxS

出版コーディネーターによる2013年09月03日のつぶやき

17:23
福岡、広島で圧倒的な出版実現率を誇る『出版実現セミナー』を開催します http://t.co/3Lx7mMzW5H
17:11
シリーズというのは同じ著者に限らず、見せ方や切り口を統一した形でラインナップを揃えるものです。そうすると読者に印象づけやすかったり、書店で多面展開など場所を占めやすかったり、販促面での効果が大きいです。http://t.co/AQ1WG0DFIS

出版コーディネーターによる2013年09月02日のつぶやき

22:25
ブログでブランディングする場合、ターゲットやビジネスモデルによって方法があるので、それを否定するつもりはありませんが、もし、出版を視野に入れるのであれば、そのブログの内容はよく考えてください。 http://t.co/uvG8vd3DsK
17:13
成功するために出版する努力をするなら、先に成功する努力をしてください。「卵が先か、鶏が先か」になりますが、間違いなく成功が先です。成功していない人が出版しても、散々な状況になるだけです。http://t.co/urd75N83jq

出版コーディネーターによる2013年08月30日のつぶやき

22:17
文章が冗長になってしまったり横道に逸れたする文章を書いてしまう人は、原稿を書く前に「本の設計図」=台割りを作るようにしてください。本の全体像がイメージできて、話しの流れが見えてきます。http://t.co/62sIDOd5ko
17:09
書きたいことが見つかったら、企画書にして出版社や編集プロダクションに売り込んだり、知り合いに紹介しましょう。もし、そういうツテが無いのであれば、サイトやブログにまとめたり、メルマガを発行してください。 http://t.co/uzRfWBBnwM
<<back|<979899100101102103104105106>|next>>
pagetop