April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

出版コーディネーターによる2013年08月08日のつぶやき

22:11
ネットの普及により、出版社へのメール営業もやりやすくなりました。今では、原稿のやりとりなど、ほとんどがメールです。そんな中でメールのやりとりをしていると、意外にマナーが守られていないことに気づきます。http://t.co/IPUCIOBCRH
17:04
本を出版したいと思ったら、その本を出版する目的を考えましょう。その本の社会的な存在意義や本質的なコンセプトをイメージすることで、“誰に”“何を”“どのように”伝えるのかが明確にイメージできるようになります。http://t.co/kTQswx2EKL
16:09
【名古屋遠征 第三弾!】出版企画勉強会 in 名古屋 http://t.co/7VJ4KSrrbr

出版コーディネーターによる2013年08月07日のつぶやき

22:10
書店周りをする場合、必ず出版社の営業に連絡し、事前に書店のアポイントを取ってから行くようにしてください。やみくもに訪問するのは逆効果です。http://t.co/MsZZ8WIG6n
17:06
求めているかも分からない出版社に売り込むよりも、求めていることが明確な出版社に売り込みをかけた方が、出版できる確率は上がります。しかし、逆に言えば、募集をしている出版社には、大量の企画書や原稿が届きます。http://t.co/1ksnjkyn09
12:02
【名古屋遠征 第二弾!】出版実現セミナー in 名古屋 http://t.co/ZySEMlbWEZ

出版コーディネーターによる2013年08月06日のつぶやき

22:11
書籍は、何人もの編集者のチェックを受けて、修正を繰り返し完成します。完成した書籍は必ず読み返して、自分が提出した原文との違いをつぶさにチェックしてください。そして、自分の文章力向上に役立ててください。 http://t.co/O4MMA9UaUr
17:06
ソーシャルメディアが普及しているので、著者の方と知り合うことは難しくはありません。そこで知り合った著者さんから編集者さんの情報をリサーチし、その編集者さんが喜びそうなシチュエーションを作るということです。http://t.co/fnmWSCRzyn
12:27
東京の出版実現セミナーに参加された弓削徹さんが出版されました http://t.co/EaHMOnP5Si

出版コーディネーターによる2013年08月05日のつぶやき

22:13
出版社は、商業出版の企画書を募集しているわけではありませんので、企画を出版社に売り込みする必要があります。企画を出版社に売り込みする方法と言っても、それほど手法にバリエーションがあるわけではありません。 http://t.co/nPhzdnkuM7
17:06
出版企画書に著者プロフィールがあります。この項目は著者として、この企画を立案する、また執筆する資格があることアピールする項目です。著者としての信頼性を担保するために、運営している保有メディアの紹介もします。http://t.co/qxqteX5GhG
15:35
【名古屋遠征 第一弾!】中嶋茂夫さん、松浦法子さん出版記念イベント http://t.co/ZAAbFyQ0Qe

出版コーディネーターによる2013年08月02日のつぶやき

22:17
実際に本を買うときに、目次を見て決める人もいるでしょう。中でも一番重要な1章は、その書籍の一番最初になりますので、読者をどれだけ引き込めるかという掴み(導入)の位置づけになります。 http://t.co/LoiWz07P8O
17:07
書店に置かれなくては、売れる本も売れませんので、1日200冊発刊されるうちの『ジェット返本』にならないよう、発刊されたときからの実売で初速をつけることが重要です。 http://t.co/ocI7n02tD7

出版コーディネーターによる2013年08月01日のつぶやき

22:20
問い合わせで多いのが“ペンネーム”について。会社員をされている方が気にされされますね。使えるかどうかで言えば、使えます。ただし、あなたの企画は著者として求められるのは資格?実績?ということです。http://t.co/vSxt3oKKLH
17:08
出版プロデューサーを決める時には、編集としてサポートまでしてくれるのか確認しましょう。実際にトラブルが発生してから、私のところに相談に来られる方もけっこういらっしゃいます。 http://t.co/08brNgz8IH

出版コーディネーターによる2013年07月31日のつぶやき

17:10
情報商材から出版できた時期があったのも確かですが、情報商材に関するトラブルも表面化し、出版業界では毛嫌いする人も少なくありません。ボリューム、クオリティ共に申し分なくても、出版は難しいかもしれません。http://t.co/C4m41kDaTh

出版コーディネーターによる2013年07月30日のつぶやき

22:20
何かが最初に流行った場合、まだ専門家がいません。しかし、流行っているのでライターの書く“入門書”を作ります。入門書が浸透すると、ユーザーも次を求めるので、専門家による応用書が求められるという流れです。http://t.co/DQQDq2k9mI
22:07
松浦法子さんの『LINEを100倍活用する本』が発売されました http://t.co/accHOk6E3Z
17:09
出版するというコトは、出版してもらうということであり、出版社に自分の企画に投資をしてもらうのに等しいと言っても過言ではありません。そして、そのための企画書です。http://t.co/NrzqeQ6pG2
14:12
【東京開催 第二弾!】出版勉強会 in 東京 http://t.co/TpnMcgbAJa

出版コーディネーターによる2013年07月29日のつぶやき

22:57
榎本元さんの『アメブロ Perfect GuideBook』の3刷が決まりました! http://t.co/cNohW8ASKD
22:21
「出版したければ、直接編集者と知り合いになろう!そのために、出版記念セミナーや出版記念パーティーに行けば出会うことができますよ〜」と指導される方がいらっしゃいます。でも、これでは出版することは難しいです。http://t.co/EIRNwa7iRq
21:32
【東京開催 第一弾!】出版実現セミナー in 東京 http://t.co/0hiAEUM40l
17:10
出版社には通りやすい企画があります。それは、改訂、バージョンアップ、ニューモデルなどです。それは新規や新商品ではありません。これは、我々のような編集プロダクションやライターさんが、常に意識していることです。http://t.co/ZvpFDBizPM

出版コーディネーターによる2013年07月26日のつぶやき

22:18
企画書の「著者プロフィール」では、執筆するあなたがどういう人間なのかがわかるように、得意な分野を明確にし、その裏付けを提示します。その上で、その本の内容を書くに値するだけの説得力を持てるかが重要になります。http://t.co/ffOLyzKers
17:09
本の出版は不特定多数の人に何かを伝えるには最善の手段です。書店に並ぶ書籍には、それだけの信用力があります。どうせなら、出版デビューして、その効果を上手に活用して、たくさんのメリットを享受しましょう。 http://t.co/CY0l2T86xx
11:01
東京で著者になっても1冊だけは終わないための出版戦略セミナーを開催します http://t.co/Dw3QHvCXWn
01:48
原久鷹さんの企画が出版決定! http://t.co/xode3RQQ9m
<<back|<108109110111112113114115116117>|next>>
pagetop