August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2017年07月20日のつぶやき

22:00
出版企画書の書き方/構成案(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/zjahXQlKQF
06:00
あなたの本を読むことで読者はどういうふうになれるのでしょうか?。ビジネス書の企画書において大事なのは読者がたどり着く「到達点」なのです。人に響くテーマというのはいくつかのパターンに分けられるでしょう。 https://t.co/QxFPy6QGiz

出版コーディネーターによる2017年07月19日のつぶやき

22:00
共著で出版した時の効果(本を出版する方法) https://t.co/1QbtYwSxbd
06:00
出版企画書の体裁(長さと厚さ)(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/cdKsLk2A5y

出版コーディネーターによる2017年07月18日のつぶやき

22:00
複数の出版社へ同時に出版企画を売り込むことは可能か(出版社に企画を売り込む方法) https://t.co/hj6W56QCYW
06:00
企画書に目を通したとき、編集者が知りたいのはあなたがどんな人なのかです。あなたに会ってみたいと編集者に思わせなくてはなりません。魅力的なプロフィールを作れますか?。 https://t.co/U2gaLYUt9X

出版コーディネーターによる2017年07月17日のつぶやき

22:00
主張を通すにはそれ相応の肩書と言うものが必要な場合もあります。それはプロフィールで判断されます。それに説得力をもたせればあなたの意見を通しやすくなるかもしれません。 https://t.co/0RzKQqTbXB
06:00
実用書のようなものはしっかり作り込めば出版は可能です。しかし文芸書はそうもいきません。どうしても編集者との相性やその他の要因で形にしにくいです。アドバイスとしては構成力、文章力をしっかりすることです。 https://t.co/QessJLz7rV

出版コーディネーターによる2017年07月14日のつぶやき

22:00
市場が求めていない分野の本は出版できないのでしょうか?。そんなことはありません。うまく消費者に買ってもらえるかもしれない方法があるのです。 https://t.co/29cAKU51m1
06:00
ブログの記事には目的が必要です。本を買ってもらいたいならどんな本なのかを説明しなくてはなりません。ウソを書いてはいけませんが読者にとってプラスになる情報を与えなくてはいけないでしょう。 https://t.co/REw8UG0NsM
00:54
武藤正隆さんから今までの常識を覆すお話しを教えていただきました https://t.co/l7LUHt5NNG

出版コーディネーターによる2017年07月13日のつぶやき

22:00
著書を売ってやるという覚悟(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/ZHqTbwRKJd
06:00
郵送を希望する出版社というのもまだまだ多いのです。そんな会社に送るときは郵便で送り、にじまないペンを使いましょう。そして封筒におもしろコメントを書くのはやめることです。 https://t.co/7AyG9yNZpC

出版コーディネーターによる2017年07月12日のつぶやき

22:00
執筆中の致命的な言動(一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略) https://t.co/kmTpITYKjc
06:00
出版企画が決まりやすい時期とタイミング(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/tAKXeQQ7RB

出版コーディネーターによる2017年07月11日のつぶやき

23:06
編集者による出版セミナーについて 著者デビューを実現するために必要な要素 Vol.213 https://t.co/bM240yi5yI
22:00
目的に応じて使い分ける商業出版と自費出版(本を出版する方法) https://t.co/6S7S2cjK82
06:00
出版物には”旬”があります。書店に行くとそれぞれの季節に適したテーマの本が並んでいることに気づくかもしれません。その旬を逆算して企画を考えると売れる本になる可能性が高まるでしょう。 https://t.co/X0uO6A0PKh

出版コーディネーターによる2017年07月10日のつぶやき

22:00
あなたの本を読むことで読者はどういうふうになれるのでしょうか?。ビジネス書の企画書において大事なのは読者がたどり着く「到達点」なのです。人に響くテーマというのはいくつかのパターンに分けられるでしょう。 https://t.co/QxFPy6QGiz
06:00
出版でビジネス(仕事)を加速させるスパイラルをつくる(ビジネス(仕事)に役立つ出版の方法) https://t.co/53gwcZ6Iu0

出版コーディネーターによる2017年07月07日のつぶやき

22:00
アメンバー申請をされるようになろう(アメブロから出版する方法) https://t.co/jbSEf1CKs5
<<back|<1234567>|next>>
pagetop