October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2017年09月05日のつぶやき

22:00
本当のその企画で出版しても大丈夫ですか?(出版企画の立て方、考え方) https://t.co/8Nh4PJhtcX
19:57
テスト #本 https://t.co/KyJZhqd8fJ
19:48
テスト #本 https://t.co/Iy4FGuyjK1 https://t.co/rulckH7JqH https://t.co/edZbOJwtLQ
06:00
グループコンサルや高額セミナーを開催してみよう(アメブロから出版する方法) https://t.co/1nbZRFDlhg

出版コーディネーターによる2017年09月04日のつぶやき

22:00
ベストセラー作家としてのキャラを引き立たせるエピソード(人気作家になる方法) https://t.co/MbiRM1TpV8
17:49
起業初心者のための勉強会『ベビスタ』第一期の六回目の講座でした https://t.co/gZLs82EMJ9
06:00
出版企画書は編集者が読むもの(本を出版する方法) https://t.co/tPnqPI350s

出版コーディネーターによる2017年09月01日のつぶやき

22:00
出版企画書の構成案(目次案)について考えよう(商業出版に必要な企画書) https://t.co/vDd3j3uySy
06:00
出版企画を考えたら、市場に受け入れられるかチェック(出版企画の立て方、考え方) https://t.co/GDeg8DI6RA

出版コーディネーターによる2017年08月31日のつぶやき

22:00
弊社では出版実現率を何よりも重視しております。出版したいという方は一度、お話しませんか?。我々が手助けいたします。 https://t.co/7mAg0Ef4SS
06:00
評価を記事にして口コミを広げる(アメブロから出版する方法) https://t.co/tOoq5jOeaD

出版コーディネーターによる2017年08月30日のつぶやき

22:00
一日に大量にブログ記事をアップするとアクセス数が高まるので必然的に出版社に見つけて貰える確率も高くなります。ただそこからブログに嫌気が差して閉鎖してしまうこともあるのでお薦めはできません。根性があれば達成できるかもしれませんが…。 https://t.co/PTaKL66Zhu
06:00
企画書を読むのはもちろん読者ではなく編集者です。読者と編集者では当然何を知りたいのかは違います。企画書は出版社が出版したくなるような内容で書けなければならないのです。 https://t.co/GigUi944VT

出版コーディネーターによる2017年08月29日のつぶやき

22:00
編集者が採用したくなる出版企画書の書き方(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/j4EJX2zuXM
11:47
AKIRAさんの『喉に優しい魅惑のハイトーンボイス養成メソッド』の4刷が決まりました https://t.co/VEV1Hv0aQv
06:00
一度”売れない著者”というレッテルを貼られると挽回するのはなかなか難しいです。アマゾンキャンペーンをやる方も多いですが一歩引いた目で冷静に考えないと失敗してしまうでしょう。 https://t.co/iaSzHIVZpc

出版コーディネーターによる2017年08月28日のつぶやき

22:00
著者が本を売る時代になってきました。試しに売れ残り分を買い取る宣言をしてみてはどうでしょう?。出版社の負担は多少減りますので企画が通りやすくなるかもしれません。 https://t.co/w5yhWOkHhy
18:22
講談教室発表会に参加しました https://t.co/ht0lLQDq9x
06:00
何のために、どんな人のために本を出すのかという意識を持つことは大事です。それを考えておかないとただ本をだしただけで当人はなんのメリットも享受できないからです。 https://t.co/rMxIjSmurI

出版コーディネーターによる2017年08月25日のつぶやき

22:00
企画書には最低限書いておくべき要素があります。それらを把握して企画書づくりを進めていけばほんのイメージをより具体的なものにできるでしょう。 https://t.co/uWl5a8qaiF
06:00
同時に複数の出版社に企画を売り込むのはやめましょう。意外とバレています。それに向こうの心情としてもあまりおもしろくはありません。もし、どうしても同時に売り込みたいなら相手に断ることをおすすめしません。 https://t.co/CplVzyGF7i

出版コーディネーターによる2017年08月24日のつぶやき

22:00
一日に大量にブログ記事をアップするとアクセス数が高まるので必然的に出版社に見つけて貰える確率も高くなります。ただそこからブログに嫌気が差して閉鎖してしまうこともあるのでお薦めはできません。根性があれば達成できるかもしれませんが…。 https://t.co/PTaKL66Zhu
12:03
皆川顕弘さんの三冊目の企画が出版決定! https://t.co/OyUFq5o5cf
06:00
過去に売れない本を出してしまった、同姓同名の別人がいた。このような場合、著者名は出版社内の企画進行可否や書店で並べてもらえるかどうかにまで関わってくる可能性があります。著者名の決定には慎重になりましょう。 https://t.co/7bZvcTvte0

出版コーディネーターによる2017年08月23日のつぶやき

22:00
出版企画書の企画の切り口について考えよう(商業出版に必要な企画書) https://t.co/FVdf34NI7f
13:54
【福岡&熊本遠征 第二弾!】Facebookで理想のお客様だけを集めるブランディング https://t.co/TwYj9AAEng
06:00
原稿締め切りを過ぎてしまった方、いらっしゃいますか?。それは仕方ありません。ただ、音信不通だけは勘弁してください。編集者は後工程の事等、気が気でありません。お手伝いできることもあるはずです。お願いです、電話に出てください。 https://t.co/7AeJcTg0xe
<<back|<12345678>|next>>
pagetop