June 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

出版コーディネーターによる2017年04月27日のつぶやき

17:00
企画は読者の欲求を満たすか、悩みを解消するかです(本を出版する方法) https://t.co/LnNvawcrZz
06:00
編集者とは会わなきゃ伝わらないコトもあります(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/MqTanpAu5s

出版コーディネーターによる2017年04月26日のつぶやき

17:00
原稿執筆をライターに依頼するのもひとつの手段です(本を出版する方法) https://t.co/hk5cWewdsI
06:00
出版は企画だけで決まるわけではなく、企画や著者も含めた総合的な評価によって決められているのです。でも、こういうのって、企画を選ぶ側、著者を選ぶ側、実際に出版する側でないと分からないことでしょう。 https://t.co/jzBS2TSW5K

出版コーディネーターによる2017年04月25日のつぶやき

17:00
出版社の企画が決まるまで(商業出版に必要な企画書) https://t.co/GMVwD9lUiC
13:21
【熊本遠征 第二弾!】かわせみやませみ&SL人吉ツアー https://t.co/qtfiGDVDtY
06:00
まぐまぐメルマガも配信(アメブロから出版する方法) https://t.co/aL4lrqGxUo

出版コーディネーターによる2017年04月24日のつぶやき

17:25
【熊本遠征 第一弾!】それぞれのビジネスに合わせたネット戦略と戦術inひごスタ https://t.co/K4ANFRYoti
17:00
基本的に私はブログの書籍化には否定的です。それは、ブログが記事が溜ったから書籍化できるわけではなく、書籍化するためのブログは入り口でしっかりと練らないと実現しづらいことを知っているからです。 https://t.co/57AKwendxZ
06:00
出版を目指す人のためのソーシャルメディア活用のポイント(フェイスブック編)(出版ブランディング戦略とは) https://t.co/v8n0sWK0RQ

出版コーディネーターによる2017年04月21日のつぶやき

17:00
SEO対策にブログ群を作っておこう(アメブロから出版する方法) https://t.co/uNUnKMyi74
06:00
複数の出版社へ同時に出版企画を売り込むことは可能か(出版社に企画を売り込む方法) https://t.co/hj6W56QCYW

出版コーディネーターによる2017年04月20日のつぶやき

06:00
出版企画を考えたら、市場に受け入れられるかチェック(出版企画の立て方、考え方) https://t.co/GDeg8DI6RA

出版コーディネーターによる2017年04月19日のつぶやき

17:00
著者プロフィールは、著者の履歴書ではありません。企画書の内容を語る資格や必然性が必要です。”強み”や”らしさ”に数値化した実績をきちんと価値のある言葉で表現できるかどうかが重要です。  https://t.co/3chzn8Ypxe
13:55
ベビスタの個別サポートデーでした https://t.co/ZQwGeAmSqA
06:00
出版社は、素人が原稿を売り込むには敷居が高過ぎます。まずは企画書にして売り込むようにしてください。一番有効なのはメール、続いて郵送、条件付きで持ち込みとなります。電話とFAXはありえません。 https://t.co/7JO8kwb7Hi

出版コーディネーターによる2017年04月18日のつぶやき

17:00
出版デビューするための通る企画書の作り方(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/SKfnKHixCt
06:00
出版できる企画の考える順番(出版企画の立て方、考え方) https://t.co/TWaLsuT4E6

出版コーディネーターによる2017年04月17日のつぶやき

17:00
メールで企画書を頂く方よりも、会ってお話しする方が出版が決まるのは早いです。それは、最初にお会いした時に、本を出す目的、書くネタ、切り口、ターゲットを明確にして、しっかりイメージできる状態にする作業を行っているからに他なりません。 https://t.co/2i9nfiEhYG
13:22
中尾亜由美さんの『無理せず楽に楽しく、 好きな仕事で自立する方法』が発売されました https://t.co/c00JZASqt4
06:00
近年は読者の嗜好が細分化され、出版するチャンスは広がったのですが、それぞれの市場は狭くなっています。つまり、類似本を何冊も出版できる市場は少ないので、その市場を早く見つけ、一番最初に旗を掲げた者だけが出版できるということになります。 https://t.co/ImBrHiZiMM

出版コーディネーターによる2017年04月14日のつぶやき

17:00
出版は誰でもできる?(本を出版する方法) https://t.co/4s3IjA0lYz
06:00
読者登録をされるようになろう(アメブロから出版する方法) https://t.co/xQBvMFv28W
<<back|<12345678>|next>>
pagetop