February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

出版コーディネーターによる2014年03月25日のつぶやき

22:00
出版社は書籍発刊の為に資金を投入し、書籍の売上で資金を回収して利益を出さなければなりません。著者は自己実現の為、ブランディングや次の活動への布石として書籍を出版します。ここに両者の立場の違いがあります。 http://t.co/wYW5ItKoTX
12:00
弊社で出版のお手伝いをさせて頂く場合、最初に私がお話しする『出版実現セミナー』にご参加頂くか『出版個別レクチャー』を受けて頂く事を必須条件とします。セミナーでは出版をする上で必要な事全てお話しします。 http://t.co/VtSCMO2i5t

出版コーディネーターによる2014年03月24日のつぶやき

22:00
何となく“いいプロフィール”ってこんなプロフィールの事だろうなというのは分かっている筈です。では「“いいプロフィール”を書けてますか」と聞くと、殆どの人が下を向いてしまうのが実情ではないでしょうか。 http://t.co/h3qJfIGtrs
20:40
メルマガ配信 著者デビューを実現するために必要な要素vol.153 http://t.co/iznoYMJO2J
12:01
出版物には“旬”というものが存在し、出版社の担当者にも“波”が存在します。今なら通るけど、一ヵ月後だと通らない事もあるのです。そのチャンスを逃さない為にも、できるだけ迅速な対応をするようにしてください。 http://t.co/Cvf9de5RvK

出版コーディネーターによる2014年03月20日のつぶやき

22:00
出版企画書の著者プロフィール欄では著者としての必然性をアピールする、これはブログでも全く同じ事。もしあなたのブログを見て出版のオファーを出すなら、オファーを出す必然性がなくてはならないという事です。 http://t.co/uvG8vcMAqK
19:30
田辺智美さんの『「足もみ」で心も体も超健康になる!』の9刷が決まりました http://t.co/hUafOU84OP
12:01
どうすれば編集者と接点を持てるのか?それは新しいメディア、新しいサービスにいち早く参加することです。今ならフェイスブックという事になりますが、少し前ならツイッター、その前はアメブロ…という事になります。 http://t.co/EXxCK6SrWm
<<back|<309310311312313314315316317318>|next>>
pagetop