August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2013年08月22日のつぶやき

22:18
編集会議で企画を提案し、通してくれるのは、何を隠そう出版社の担当編集者です。ということは、その企画がいかにその担当編集者さんのモチベーションを上げられるかにかかっているということになります。 http://t.co/oI6BUrXcKu
21:53
サイト集 グループ 20 http://t.co/5glF8XM9O2
17:07
出版したいと思った時、出版社に企画を送る必要があります。もし出版業界に人脈が無いのであれば、自ら出版社に売り込むしかありません。しかし、出版企画書や原稿を出版社にいきなり持ち込んでも相手にしてもらえません。http://t.co/xYuol4RFab

出版コーディネーターによる2013年08月21日のつぶやき

22:17
出版する場合、どうしても筆が進まない場合があります。また、原稿の量が足らない場合や紙面の都合で急きょコラムを加筆しなくてはいけない場合もあります。http://t.co/4WNxtgWgdK
20:06
武藤正隆さん、中嶋茂夫さんの『検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド』の4刷が決まりました! http://t.co/xUlt8581c3
17:08
取材を受けたいと思ったら、まず取材元をチェックします。テレビならトーク、雑誌ならビジュアルと媒体によって求められるスキルが違うので、自分のスキルが最大限に発揮される媒体を選んでください。http://t.co/9QDjQFEB5e
12:31
田渕隆茂さんの『儲かるアメブロ 改訂版』が発売されました http://t.co/lnmNdsZrlx

出版コーディネーターによる2013年08月20日のつぶやき

22:17
企画を立てる場合、類書の有無を調べますよね。私に届く企画書でも、「類書が無いので、売れる」という文言を多く見受けます。http://t.co/ZCHIB6g70W
17:37
企画書でまず最初に書かなくてはならないのは「書名」ですが、最終決定権は出版社にあるので、そのまま決まることは少ないです。担当者が「面白そう」「読みたい」と思う書名を考えましょう。 http://t.co/ZEQfnQgtLg
16:27
金田秀子さんの『50年後も愛され妻でいられる方法』の増刷が決まりました! http://t.co/bJi1WZbyEK
<<back|<310311312313314315316317318319>|next>>
pagetop