September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

出版コーディネーターによる2013年09月19日のつぶやき

23:02
『元●●が語る〜』みたいな企画は、その人が本当に元●●か分かる必要があるので、本名もしくはペンネームでの実績を求められます。つまりペンネームを使うと実績と切り離されるので、その別人格でも実績が必要です。http://t.co/vSxt3oKKLH
21:08
【東京開催】ニーコネランチ会 in 新宿曙橋 http://t.co/ZogORm7YzV
17:11
書店の方が喜ぶ話のネタは、その著書が売れる見込みの話です。例えば「今度テレビに出るので宣伝します」。その効果を期待して、それまでは返本せずに置いてもらえたり、一番良い場所に置いてくれることもあります。 http://t.co/MsZZ8WIG6n
13:29
菊池仁さんの『Amazonで作るカンタン最強Webショップ』が発売されました http://t.co/Uzx9sprJgO

出版コーディネーターによる2013年09月18日のつぶやき

22:30
アマゾンキャンペーンで良い結果を出すために、できることは精一杯やりましょう。周りが「ここまでやってダメならしょうがないよ」と評価されるぐらいの精一杯ですよ。 http://t.co/lU2O3yFRUm
17:11
優秀な出版プロデューサーを見分けるポイントの3つ目は「その出版プロデューサーの職務範囲」をです。企画書チェック、出版社への売り込みなど、どこまでフォローしてくれるのかを具体的にチェックしましょう。 http://t.co/8jGzcwk96h

出版コーディネーターによる2013年09月17日のつぶやき

22:18
つまり、著者として本を書こうと思うと、そのためにブログが必要だったり、著者プロフィールを作り込んだりしなくてはならないのです。しかし、ライターであれば、面白い企画だったら通ります。http://t.co/PIA7Qk3JmX
17:09
名刺を配ってブログに誘導する場合、ブログ誘導用の専用名刺を作ってもいいでしょう。「見てください」と言ってみてもらうのではなく、名刺を見たらブログを見たくなるよう誘導するということを忘れないでください。 http://t.co/u8DikBTYl4
<<back|<311312313314315316317318319320>|next>>
pagetop