August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2013年08月05日のつぶやき

22:13
出版社は、商業出版の企画書を募集しているわけではありませんので、企画を出版社に売り込みする必要があります。企画を出版社に売り込みする方法と言っても、それほど手法にバリエーションがあるわけではありません。 http://t.co/nPhzdnkuM7
17:06
出版企画書に著者プロフィールがあります。この項目は著者として、この企画を立案する、また執筆する資格があることアピールする項目です。著者としての信頼性を担保するために、運営している保有メディアの紹介もします。http://t.co/qxqteX5GhG
15:35
【名古屋遠征 第一弾!】中嶋茂夫さん、松浦法子さん出版記念イベント http://t.co/ZAAbFyQ0Qe

出版コーディネーターによる2013年08月02日のつぶやき

22:17
実際に本を買うときに、目次を見て決める人もいるでしょう。中でも一番重要な1章は、その書籍の一番最初になりますので、読者をどれだけ引き込めるかという掴み(導入)の位置づけになります。 http://t.co/LoiWz07P8O
17:07
書店に置かれなくては、売れる本も売れませんので、1日200冊発刊されるうちの『ジェット返本』にならないよう、発刊されたときからの実売で初速をつけることが重要です。 http://t.co/ocI7n02tD7

出版コーディネーターによる2013年08月01日のつぶやき

22:20
問い合わせで多いのが“ペンネーム”について。会社員をされている方が気にされされますね。使えるかどうかで言えば、使えます。ただし、あなたの企画は著者として求められるのは資格?実績?ということです。http://t.co/vSxt3oKKLH
17:08
出版プロデューサーを決める時には、編集としてサポートまでしてくれるのか確認しましょう。実際にトラブルが発生してから、私のところに相談に来られる方もけっこういらっしゃいます。 http://t.co/08brNgz8IH
<<back|<313314315316317318319320321322>|next>>
pagetop