February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

出版コーディネーターによる2014年02月26日のつぶやき

22:00
企画書の「構成案」は、書きたい内容をどういう順番で説明するのか、どういう段階を経て目的に到達させるのかという書籍の設計図です。読者の気持ちになって作りましょう。 http://t.co/a3vgXKUtY1
15:26
第44回 団塊ジュニア世代の会は、男子会! http://t.co/ZMIVGS0nkr
12:00
出版する事を一つの目標にするのであれば、必ずプロフィール欄などのサイドメニューのどこかで意思表示するようにして下さい。こういう意思表示は、いろいろな形で波及して勝手に紹介されていく事も少なくありません。 http://t.co/m2EpbHbERT

出版コーディネーターによる2014年02月25日のつぶやき

22:00
あなたが企画を売り込む場合、数多くある出版社から、どう選べば良いのかを紹介します。まず最初に、あなたの企画のジャンルが、その出版社から出ているかを既刊書を見て確認してください。 http://t.co/HN17CKPEzJ
14:28
時枝宗臣さんの『副業で100万円稼ぐ! カンタン最強アフィリエイト』が発売されました http://t.co/MrvFj0l1s9
12:01
企画の売り込みは、出版社に企画を届ければ終了というわけではありません。届け方の次は面談です。媚びる必用はありませんが、ビジネスパーソンとしての常識やマナーは最低限守ってください。 http://t.co/aIRPnSa6eu

出版コーディネーターによる2014年02月24日のつぶやき

22:00
アマゾンキャンペーンで2000部の売上保証は著者のアドバンテージになるはずです。出版社は販売を確保する事になるので企画を通す敷居が下がります。1000部だと微妙ですが2000部以上なら問題ないでしょう。 http://t.co/0YBISJU7Nx
20:08
メルマガ配信 著者デビューを実現するために必要な要素vol.150 http://t.co/aP3i0qHHIk
17:56
【東京開催 第一弾!】営業いらずの絶対受注ツール作り方セミナー in 東京 http://t.co/cduQHPlq6y
12:01
著書をロングセラーにするポイントは「元棚を明確にした企画」。どのカテゴリーの棚に置く書籍なのか明確な書籍が息が長い書籍となります。置かれたい棚のキーワードが書名に入るようにすると返本されにくくなります。 http://t.co/9FBaGza2gp
<<back|<315316317318319320321322323324>|next>>
pagetop