May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2013年05月21日のつぶやき

21:57
企画書の文章が日本語じゃない、何を伝えたいのか分からない、全く売れる気がしない企画書が送られてくることも事実です。もし、出版デビューを目指すのであれば、弊社のマニュアルは、必ずダウンロードして、熟読してから、企画書を書いてみましょう。 http://t.co/EPutvlWtXA
16:57
出版社の編集者数人に「ブログなどから著者や企画を探す場合、何を考え、どこを見てますか?」と聞いてみました。まずはテーマ。ブログランキングもそうだし、ネットサーフィンをしながら、面白いネタを探すことが多いようです。 http://t.co/bdlsRExnNy

出版コーディネーターによる2013年05月20日のつぶやき

21:57
もし、書籍化を目指すのであれば、文字数もそこそこ書いて、内容もしっかり、独自性や専門性があれば、なお良いでしょう。ただ、それならブログサービスはどこでもよく、むしろ、アメブロの魅力を活かしていないことになるので、もったいないでしょう。 http://t.co/bmX4h0Phus
16:57
その人が書く本を、編集者として作ってみたいと思える…それが“プロフィール”。経歴や実績など、その人をいかに凄い人かを紹介するのがプロフィールです。極論を言えば、魅力的なプロフィールというだけで出版が決まることもあるということです。 http://t.co/DzcBAx7sJM

出版コーディネーターによる2013年05月17日のつぶやき

21:57
ウリと立ち居地が決まったら、キャラを立てていきます。ウリと立ち居地が効果的になるような言動とファッションなどを含めたビジュアルを徹底します。見栄を張らず、無理をせず、素の自分をどう演出するか考えましょう。 http://t.co/kt3ssowdur
16:57
売れている著者に依頼する場合、基本的には出版社から直接オファーします。それ以外にも、売れている書籍の著者の紹介の場合やブログやメルマガで圧倒的な読者数を確保している場合、テレビなどの露出の多い方も、このパターンに該当します。 http://t.co/symyhfpdNh
11:17
羽根田雅幸さんの『副収入が毎月10万円稼げるしくみ』の増刷が決定! http://t.co/X6FdWqa7c6
<<back|<315316317318319320321322323324>|next>>
pagetop