October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2015年01月29日のつぶやき

23:42
田代政貴さんの『Facebookで集客・売上をアップする方法』が増刷が決まりました! http://t.co/HXYjHm0BoP
22:00
出版社に企画を売り込んだ時に、断られるのは次の4つの理由しかありません。「著者・企画・時期・条件」著者で断られるほとんどの場合が、その企画を書くに値する著者でないということです。 http://t.co/fxGC7FNNO0
14:55
第1回 江戸スタ 設立記念セミナー http://t.co/h8LlNYnzVJ
07:00
売れそうなネタ、面白いネタとは、市場の需要があるネタのこと。そのネタが売れるかどうかや、面白いかどうかも自分では分からないと思いますので、需要があるネタを探してみましょう。需要があるネタとは、ニュースをチェックすると楽に見つかります。 http://t.co/ayUKquulee

出版コーディネーターによる2015年01月28日のつぶやき

22:00
いろいろなネット媒体がありますが、それらを書籍化することは可能なのでしょうか?実際『電車男』にはじまり、ネット媒体から数々の作品が輩出されてきました。しかし、今となっては、それらネット媒体の書籍化は、ほとんどできないのが実情です。 http://t.co/vaydetNxIJ
13:19
武藤正隆さんの企画が出版決定! http://t.co/PkVivaRtki
07:00
著者が直接企画を売り込むと、どうしても自分の企画を猛烈にアピールしまいがちです。その点、編プロは企画をお預かりする立場なので、企画を引いたり、俯瞰したりできるため、受け取る側の不安なども見えますし、指摘もしていただけます。 http://t.co/p1vuhtvykG
01:01
【メルマガ配信】読者ターゲットと内容を考える 著者デビューを実現するために必要な要素 Vol.172 http://t.co/CI4SJE9VWB

出版コーディネーターによる2015年01月27日のつぶやき

23:11
神田さゆりさんの『34歳以上限定!年下彼氏の作り方』の増刷が決まりました! http://t.co/Cm3uHKNVa8
22:00
類似したテーマは、書籍の展開も類似しています。だったら、今流行っているモノ、流行りそうなモノの類似本を見つけ、その遍歴から、次はどういう本になるか先読みしてみては?そうすることで、一足先に企画を提案することができますよ。 http://t.co/lovX4RLKMh
13:26
【東京開催 第二弾!】出版企画勉強会in東京 http://t.co/RoCR6blkFE
07:05
出版社に企画を売り込んだとき、担当編集者さんが「この企画面白いですねぇ〜、これはやりたいですね」と言われることがよくあります。もちろん、社交辞令の場合もありますし、乗せられて言っちゃうこともあるようです。 http://t.co/X1FrhEra8x
<<back|<320321322323324325326327328329>|next>>
pagetop