February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

出版コーディネーターによる2013年08月28日のつぶやき

22:30
売れない本の著者と同姓同名だった場合、著者名は変えましょう。出版社の方とは直接お話しができますので、誤解を解くことはできますが、書店ではその判断がつかないため、同一人物と見なされる場合が多いからです。 http://t.co/sPGt8WDeV3
17:11
出版社は、いつでも面白そうな企画、売れそうな企画を探しています。つまり、素人が考えた売れるかどうかもわからない企画や自己満足の企画は探しておりませんし、そもそも素人が考えた企画自体を募集しておりません。 http://t.co/dYq7csrY0q
12:50
第37回 団塊ジュニア世代の会は関西テイストでした〜 http://t.co/1WM6uSZbx0

出版コーディネーターによる2013年08月27日のつぶやき

22:19
「本にしたら売れそう」ということは大前提ですが、いかに露出しているかがポイントです。もし、出版を目指しているのであれば、そのことを考慮して、まずは自分を露出して、目立つことを考えてみてはいかがでしょうか?http://t.co/rjAjrzaMBN
17:11
著者を目指す以上、間違いなく必要なのは“企画”です。「企画書で見たのより、面白くない」という理由でボツになった事例はあっても、「文章力が無い」という理由でボツになった事例は一件もありません。 http://t.co/RdLYb05Skm

出版コーディネーターによる2013年08月26日のつぶやき

17:11
出版テーマを決める際、自分の持っているノウハウに対してどれくらい需要があるか調べしょう。似たような本を探して、その本の売れ行きなどを見ましょう。売れていれば、需要があるということになります。 http://t.co/MIBpgqsSpR
14:55
田渕隆茂さんの『儲かるアメブロ 改訂版』の増刷が決まりました! http://t.co/QJBHzl7jLL
<<back|<351352353354355356357358359360>|next>>
pagetop