October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2014年03月04日のつぶやき

22:00
質は”強み””らしさ”です。量は”実績の圧倒的な数値化”です。最終的には、『〜をやった××が、今度は書籍を出版する!』みたなコピーを付けられるような何かを見つけてください。 http://t.co/AZvrv8J95c
12:01
2回目の出版社の企画会議では、1回目に通過したネタをより詳細に検討します。この時点ではじめて企画書が必要になります。ここを通過したら、よほどなコトが無い限り内定です。 http://t.co/cgaOwzCwKs

出版コーディネーターによる2014年03月03日のつぶやき

23:21
メルマガ配信 著者デビューを実現するために必要な要素vol.151 http://t.co/l5i3Nb89dd
22:00
企画を考える場合は必ず読者の視点で考える様にして下さい。売れそうな事で、本の定価以上のお得感のある内容で、本でなければ伝わらない事であれば企画は通ります(通らない場合は提案する手法の問題だと思います)。 http://t.co/4a6GGMYbgD
12:00
出版社に企画を持ち込む際は、内容が一般の読者にも受け入れられる事が大前提ですが、自分の企画にプライドを持ち毅然とした態度で対応する様に心がけてください。決して目先の話で夢の実現を安売りしないでください。 http://t.co/JTS4m08iSW

出版コーディネーターによる2014年02月28日のつぶやき

22:00
著者プロフィールは、著者の履歴書ではありません。企画書の内容を語る資格や必然性が必要です。”強み”や”らしさ”に数値化した実績をきちんと価値のある言葉で表現できるかどうかが重要です。  http://t.co/lsZkZuigu6
12:28
田辺智美さんの『「足もみ」で心も体も超健康になる!』の6刷が決まりました http://t.co/LJYK8N3T43
12:01
もし想定している読者があなたのブログにアクセスしたとき読者登録されないなら、コンテンツとして不十分。もっと言えば、あなたが想定した読者にはブログにアクセスしたら読者登録してもらえるブログにしましょう。 http://t.co/e5xs1rvm1U
<<back|<372373374375376377378379380381>|next>>
pagetop