August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2017年06月05日のつぶやき

06:00
出版社に売込みやすいジャンル(商業出版に必要な企画書) https://t.co/p25nuYMOA6

出版コーディネーターによる2017年06月02日のつぶやき

17:00
まずはアメブロ内でファンを作ろう(アメブロから出版する方法) https://t.co/C1yLWzWew3
06:00
現在は著者が本を売る時代。企画会議で「アマゾンキャンペーンで2000部は売ります。売れ残ったら買い取ります」と言ってみてください。出版社としては、2000部の販売を確保することになりますので、企画を通す敷居は間違いなく下がります。 https://t.co/0YBISJBYzp

出版コーディネーターによる2017年06月01日のつぶやき

17:00
著書を売ってやるという覚悟(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/ZHqTbwRKJd
06:00
正しい出版の方法なんて、それほど難しいコトではありません。価値あるコンテンツを、必要としている出版社に、最適な形で届ければいいんです。そのためには、どういう形での出版を目指すのか?という出版形態を最初に決める必要があります。 https://t.co/sLxb04e3Gu

出版コーディネーターによる2017年05月31日のつぶやき

17:00
出版社が企画を検討する上でも、著者プロフィールはとても重要な項目ですので、出版企画書ができたら、必ず、著者プロフィールをチェックしてみてください。ポイントは、その企画書の内容をこの著者プロフィールの人から聞きたいと思うかどうかです。 https://t.co/HHpHleJ1Iz
06:00
売れているのに2冊目が決まらないのには理由があります。本が売れているが利益がない場合。本の企画などが合わない場合。出版社のカラーに合っていなければ出したくても出せません。そして著者と関わりたくないと思われた場合。 https://t.co/WZRbx53Tnn

出版コーディネーターによる2017年05月30日のつぶやき

14:25
【東京開催 第二弾!】出版企画勉強会in東京 https://t.co/dkSoI5XKLZ
06:00
出版社の担当者も弊社の編集スタッフもそれなりに実績がありますので、多くの著者候補を抱えております。つまり、その多くの著者候補の中から、あなたに依頼する理由があるかどうかです。それは決して義理や人情の話しではないんです。 https://t.co/4HsEMGqxwX

出版コーディネーターによる2017年05月29日のつぶやき

20:15
【東京開催 第一弾!】出版実現セミナーin東京 https://t.co/9lb6Yz5NSh
17:00
出版までたどり着いたブログを読むと“凄い人っぽい”というのと、“一度、会ってみたい”という感情が湧いてきます。つまり、出版されやすいブログというのは、そのブログの運営者に“会ってみたい”と思ってもらえることが重要だということです。 https://t.co/sKgzATr1iL
06:00
出版社がブログを見た時に信頼性がなくてはなりません。プロフィールやデザインなども見られますが、更新頻度が重要です。特にブランディングブログでは、更新頻度や継続更新されているかどうかが信頼を得るキーとなります。 https://t.co/NDIRro0L2F

出版コーディネーターによる2017年05月26日のつぶやき

17:00
成功していない人が出版して、散々な状況になった事例をいくつも見てきているので、間違いありません。言わば、出版は加速装置のようなものです。先に成功して、その実績をもって出版して、さらにビジネスを加速する流れになります。 https://t.co/crcguYSouF
13:13
遠藤裕司さんと伊藤みゆきさんの『WordPressでつくるビジネスサイト』が4刷決定! https://t.co/c3JzLgQWcS
06:00
無料レポートを用意する(アメブロから出版する方法) https://t.co/s6zzMtrTl4

出版コーディネーターによる2017年05月25日のつぶやき

21:00
AKIRAさんの著書が二冊同時に増刷決定! https://t.co/pNAbWhnPyw
17:00
構成案を考えると言うことは、一冊の書籍の中身をイメージする必要があるため、一冊の本を書くのと同じと言っても過言ではありません。でも、ここをしっかり作っておくと、実際に本を書く上では、かなり楽になることも事実です。 https://t.co/TsCN3DZKdX
06:00
グループコンサルや高額セミナーを開催してみよう(アメブロから出版する方法) https://t.co/1nbZRFDlhg

出版コーディネーターによる2017年05月24日のつぶやき

17:00
あなたが出版した本が選ばれる理由はありますか?(出版企画の立て方、考え方) https://t.co/LN1DAyuvZE
15:01
【名古屋&熊本遠征 第三弾!】お客様に選ばれるプロフィールの作り方inひごスタ https://t.co/3FhroN6knl
06:00
あなたが、この出版企画書の内容を本にする目的は何ですか?本が出版されて、あなたは何をし、どうなるのですか?出版する時に、この二つの質問に明確に答えられれば、出版は必ずや成功するでしょう。 https://t.co/xACEAIxBh2

出版コーディネーターによる2017年05月23日のつぶやき

17:00
出したい人が多いわりに、出版社で企画が通りにくいジャンルも公開しておきます。・読物系ビジネス書企画(自己啓発など)。・コンプレックス企画(美容・ダイエットなど)。そして、間違いなく無理なのは、詩や小説、自伝などです。 https://t.co/zxAWSpTpLg
13:01
【名古屋&熊本遠征 第一弾!】出版企画勉強会in名古屋 https://t.co/DB9oQn8oGP
06:00
これだけソーシャルメディアが普及しておりますので、著者の方と知り合うことは難しくはありません。そこで知り合った著者さんから編集者さんの情報をリサーチし、その編集者さんが喜びそうなシチュエーションを作るということです。 https://t.co/fnmWSCzYGP
<<back|<123456789>|next>>
pagetop