March 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2017年01月31日のつぶやき

13:53
【東京開催 第一弾!】出版実現セミナーin東京 https://t.co/4Uiqn6isL5
06:00
出版企画を考えるとき、重要なのは、『あなたは、“どういう人”を“どういう状態”にすることができますか?』つまり、シンプルに考えると、『●●を××にする方法』です。あとは、●●を××にするための手順を考えれば、出版企画はまとまります。 https://t.co/sOpqzPmOEG

出版コーディネーターによる2017年01月30日のつぶやき

17:00
“印税をもらえる商業出版”と“費用負担をする自費出版”は間違いではありませんが、両者の本質的な違いは流通です。“全国の書店に配本される商業出版”と“せいぜい書店の自費出版コーナーに置かれる自費出版”といった感じでしょうか。 https://t.co/FavXACbJu7
06:00
出版は、出版しただけで、何でも思い通りになる魔法の杖ではありません。何も考えずに出版すると、本は売れたのに、何の効果もないという事態になりかねません。しかも、出版を目指す以上、時間的な拘束や経済的な負担が全くないわけではありません。 https://t.co/VerD0rtw3P

出版コーディネーターによる2017年01月27日のつぶやき

22:47
熊本で出版実現セミナーを開催していただきます https://t.co/yy4l24KtBw
17:00
出版した一冊目をたくさん売るために(一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略) https://t.co/2oMjQP32MD
06:00
「著者になりたいという意志・著書を売ってやるという覚悟」の2つを持っていれば、可能性は格段に高くなります。実際に、「何でもいいので本と出したい」と相談してきた方や人脈を辿って弊社に訪れた方も出版デビューを果たしております。 https://t.co/dGXqPGqPmB

出版コーディネーターによる2017年01月26日のつぶやき

17:00
出版したいのであれば、サイトやブログの内容は、かなり絞り込むか何かに特化する必要があるということと、SEO対策をしっかり施しておくことで、チャンスが広がるということになります。 https://t.co/ZnLXHAXyol
06:00
出版を目指すならベストセラー作家としての立ち居地を決めてキャラを立てる(人気作家になる方法) https://t.co/hkcCuBGQW7

出版コーディネーターによる2017年01月25日のつぶやき

17:00
弊社で出版のお手伝いをさせていただく場合、必ず、最初に私がお話しする『出版実現セミナー』にご参加いただくか、『出版個別レクチャー』を受けていただくことを必須条件とします。セミナーでは、出版をする上で必要なことを全てお話しいたします。 https://t.co/VtSCMOjl7t
06:00
ファンがついているかの目安は、ブログであれば、ユニークアクセスが1日1000、メルマガであれば読者が1万人以上です。ネット媒体はそのまま書籍化することはほとんどありませんが、文章力や著者の姿勢などはチェックされます。 https://t.co/1y2Gtg8V2n

出版コーディネーターによる2017年01月23日のつぶやき

17:00
どんなに著者と企画が素晴らしくても、企画が決まらない場合があります。簡単に言えば、タイミングです。出版が決まったら、実際に書籍が書店に並ぶのは3ヶ月以上先になります。そのほとんどが、この時期の問題といっても過言ではありません。 https://t.co/fxGC7FwcFW
06:00
出版社が企画を検討する上でも、著者プロフィールはとても重要な項目ですので、出版企画書ができたら、必ず、著者プロフィールをチェックしてみてください。ポイントは、その企画書の内容をこの著者プロフィールの人から聞きたいと思うかどうかです。 https://t.co/HHpHlf0CA7

出版コーディネーターによる2017年01月20日のつぶやき

17:00
市場規模が分かる数字として、類書の売れ行きもあります。類書が売れていると、比較的サクッと企画の進行が決まると思います。ただし、売れていても、類書が3冊以上ある場合、市場が飽和状態と判断されるため、切り口を変えないと厳しいでしょう。 https://t.co/i3NhuderHS

出版コーディネーターによる2017年01月19日のつぶやき

17:00
自分のネット媒体をパワーメディアにすることができれば、出版実現の近道になります。実際に出版が決まった面々を見ても、人や企画というよりも、その人が運営するネット媒体がパワーメディアになっていることが分かると思います。 https://t.co/x5s4d79j1x

出版コーディネーターによる2017年01月18日のつぶやき

18:16
京都での出版実現セミナーに参加してくださった中川千佳子さんの企画が出版決定! https://t.co/8RHhrN5mhm
17:00
考えれば分かることですが、出版するということは、出版社はあなたの企画に投資をしてくれるということになります。それなのに、当の本人が売れるかどうかより、書きたいことを優先するのって、出版社にとって失礼だとは思いませんか? https://t.co/rly38s5mrw
06:00
プロフィールは、その企画の著者として資格をアピールする項目です。著者の資格ですから、当然、実績や経験から、この内容を書ける人だということが伝わる必要があります。実績や経験も無ければ、その内容は机上論の本になってしまいますからね。 https://t.co/YArcgDecIT
<<back|<123456789>|next>>
pagetop