June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

出版コーディネーターによる2018年04月26日のつぶやき

22:00
アマゾンキャンペーンをやるべきかどうか?(出版に必要なファン作りの方法) https://t.co/zPQIwq1wdb
12:39
城市奈津子さんの『人気のカウンセラーになる教科書』が発売されました https://t.co/pAu3r8POLO
06:00
自分の「書きたいこと」が売れる内容であるとは限りません。それならば自分が書ける「売れそうなこと」を考えましょう。つまり、読み手側の視点に立てばその本が売れる可能性は高まるのです。 https://t.co/agS8V7Guir

出版コーディネーターによる2018年04月25日のつぶやき

22:00
出版したら必ず販促をしましょう(本を出版する方法) https://t.co/EcaLWHT4HK
06:00
出版社選びは、あなたの企画の切り口との相性で決めましょう(本を出版する方法) https://t.co/rHDOxgKGaw

出版コーディネーターによる2018年04月24日のつぶやき

22:00
専門家としてブランディングしよう(アメブロから出版する方法) https://t.co/LdOGWRfoZA
14:25
本日のニューフェイス! 今、まさにアマゾンキャンペーン中です。是非、この機会にお買い求めください。 #本 https://t.co/0r7iRjIjdG
13:45
高木鉄平さんの『短期間でやる気を引き出す! 個人面談』が発売されました https://t.co/FZ2jR4oJTl
06:00
タイトルが面白い企画ならば会議で通りやすくなるでしょう。逆に言えばタイトルで惹きつけておかないと見向きもされないということです。いくつかのポイントを抑えればあなたにも魅力的なタイトルが作れるはずです。 https://t.co/dY13RG9MhR

出版コーディネーターによる2018年04月23日のつぶやき

22:00
企画を編集者に直接売り込む方法(本を出版する方法) https://t.co/kLMIrbaIge
06:00
本を出すには編集者に「出版しませんか?」と云わせる方法があります。うまいこと編集者にブログ見せて興味をもたせればその可能性は高くなります。 https://t.co/ize7WUS4pF

出版コーディネーターによる2018年04月20日のつぶやき

22:00
読みづらい企画書はやはり読む気をなくします。それだけで企画が蹴られてしまったら悔しくありませんか?。しっかり作り込みましょう。弊社の出版企画書の書き方は参考になると思います。 https://t.co/yu0oDfYLU3
06:00
通りやすい本の企画と出版社へ売り込むタイミング(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/pXS0mywr7a

出版コーディネーターによる2018年04月19日のつぶやき

22:00
素人が出版社に原稿を売り込むのは敷居が高いです。最初はまず企画書からにしましょう。どうやって売り込むのか、その方法をかんたんにご説明しましょう。 https://t.co/rLtZLCQREp
16:18
本日のニューフェイス! できたてホヤホヤです。 #本 https://t.co/Np1exZZdF1
15:39
2018年3月のガキスタのグループコンサルでした! https://t.co/DNhz8iwF9S
06:00
ブログを持っていると出版のチャンスが高まるでしょう。面倒ですか?。弊社であれば別の方法で出版実現のお手伝いも可能です。つまりはある企画に対してどう書くのかがポイントとなるのです。 https://t.co/E3eLLqPPeG

出版コーディネーターによる2018年04月18日のつぶやき

22:00
ファンを獲得して本を売る販売力(出版ブランディング戦略とは) https://t.co/MSS0oBr7UU
20:08
本日のニューフェイス! 今、まさに豪華過ぎる特典でアマゾンキャンペーンを展開中! https://t.co/QvLHOktIXY 早く、著者に見せてあげたいなぁ〜 もう少しでお手元に届くので、待っててくださいね。 #本… https://t.co/rcECxNj7ZG
06:00
商業出版と自費出版の違いの本質は流通と言えるでしょう。ではこの違いは何に影響してくるのでしょう?。商業出版にこだわる必要性とは一体何でしょうか?。 https://t.co/Wk3cx1QhZ2

出版コーディネーターによる2018年04月17日のつぶやき

22:22
三浦月さん、三浦拳さんの『「自分ブランド」のつくり方』が発売されました https://t.co/6gfw4CiJTs
22:16
あなたの文章に相手は存在しますか? https://t.co/WG8EZLDAIJ
22:00
ベストセラー作家として自分の“強み”と自分“らしさ”でブランド化する(人気作家になる方法) https://t.co/lS2pcNQBcc
06:00
プロフィールを見たときに重要なこと(著者プロフィールの書き方) https://t.co/VyJJOLSTTx

出版コーディネーターによる2018年04月16日のつぶやき

22:00
執筆中の人間力はどこで見られるか(一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略) https://t.co/gbFF1tg5zb
06:00
弊社のセミナーでは出版社がなにを求めているのか?をお話しています。一度はご参加ください。内情を知る方とそうでない方ではやはり企画書の出来が違います。出版実現へ向けてまずは話を聞いてみませんか?。 https://t.co/fxoZpGgjDW

出版コーディネーターによる2018年04月13日のつぶやき

22:00
商業出版に限って言えばアメブロは書籍化するには向いてないです。原因の一つとしてはコミュニケーションの取りやすさが挙げられます。一体どういうことなのかを詳しくご説明していきましょう。 https://t.co/jSWnmliAZy
06:00
原稿が上がってきてからこれなら出版しないほうが良いと判断されてしまうことも意外に多くあるようです。では、一体どのような場合なのでしょうか?。 https://t.co/ypv09HSLm2
<<back|<123456789>|next>>
pagetop