May 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2013年06月18日のつぶやき

19:22
アメブロは、商用利用禁止です! http://t.co/cuf6R0hrp8

出版コーディネーターによる2013年06月15日のつぶやき

09:36
八重洲ブックセンターで中嶋茂夫さんと武藤正隆さんが無料セミナーを開催します http://t.co/sDXZyPqKN7

出版コーディネーターによる2013年06月11日のつぶやき

22:00
全国に書店は約1万7000店舗、対して出版物の初版部数は平均3000〜10000部です。しかも、大きな書店に部数が置いてあったりするので、全国に行き渡ることはほぼありません。ですから、初版を多めに刷ってくれる出版社が良かったりします。 http://t.co/KYQdMKhcY1
17:00
ブログの書籍化を目指すのであれば、次の2つの努力をしてください。ブログを出版業界の人間の目に入るようにする。ブログを面白くする。これがクリアできれば、必ずやブログの書籍化はできるはずです。 http://t.co/ebkeziIBh8

出版コーディネーターによる2013年06月10日のつぶやき

21:58
1回目の企画会議では、出版社の編集部内でネタを吟味します。この時点では、書名案と企画概要ぐらいの簡単な情報で、多数集まったネタから選別するのが目的です。 http://t.co/iFE8cYLqdo
16:58
“ブログをやって出版したくなる人”“出版するためにブログをやっている人”、どちらもいると思います。“ブログをやって出版したくなる人”は、すでにアクセスがあるから出版したくなるんだと思います。次に必要なのは出版するためのブランディング。 http://t.co/a279NeB2iU
08:50
【山陽遠征 第一弾!】出版勉強会 改め 出版グループコンサル in 大阪 http://t.co/eCMKJZqquo

出版コーディネーターによる2013年06月09日のつぶやき

17:47
大阪でのセミナーは全て終了いたしました。これからサンダーバードで石川県に向かいます! (@ JR 大阪駅 11番ホーム) http://t.co/bRxw5onWQS

出版コーディネーターによる2013年06月07日のつぶやき

21:58
出版企画書の体裁は、営業する人の売り込みの手法や営業スタイルに合わせる方が上手くいくことは間違いありません。これは、実際に出版社へ売り込みに行く人の売り込みの手法や営業スタイルに合わせなくては意味が無いので、注意しましょう。 http://t.co/oICn7c3Mrs
16:58
著書の無い方でも企画次第で出版することができます。リスクヘッジする意味でも、編集プロダクション経由で決まることが多いです。弊社では、はじめて方でも企画を売り込めるように『企画持込型サービス 』というサービスをご用意しております。 http://t.co/symyhfpdNh

出版コーディネーターによる2013年06月06日のつぶやき

21:58
出版業界の人間には考えつかない企画、出しても売れそうにない企画には類書がありません。無理に独自性の高い「類書がない企画」を考えるよりも、書店で売れている書籍を探して、より売れる形に改善した企画の方が出版への近道かもしれません。 http://t.co/sbpGIbeSKa
18:30
武藤正隆さん、中嶋茂夫さんの『検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド』の増刷が決まりました! http://t.co/LUGq9pGES6
16:58
出版業界では定期的に入門書が流行ります。仕掛かりのタイミングや制作期間の問題もありますが、5匹目のドジョウもウヨウヨ…で、入門書が売れれば、次にくるのは応用書です。そして、その応用書の最有力なのが“稼ぐ本”といわれています。http://t.co/DQQDq2k9mI

出版コーディネーターによる2013年06月05日のつぶやき

21:58
出版は企画だけで決まるわけではなく、企画や著者も含めた総合的な評価によって決められているのです。でも、こういうのって、企画を選ぶ側、著者を選ぶ側、実際に出版する側でないと分からないことでしょう。 http://t.co/jzBS2TSW5K
19:38
武藤正隆さん、中嶋茂夫さんの『検索エンジン上位表示 SEO完全ガイド』が発売されました http://t.co/Bb52P7xWQT
19:01
メルマガ配信 著者デビューを実現するために必要な要素vol.145 http://t.co/OZR0cMMGZ7
16:58
どうやって出版社の編集者を探し、その人にアプローチして、交流し、企画書を見てもらう機会を創出すればいいのでしょうか?ソーシャルメディアの普及で、チャンスはそこら中に転がっています。キッチリとものにするノウハウを身に付けましょう。 http://t.co/NAGI9aP4N8

出版コーディネーターによる2013年06月04日のつぶやき

21:58
ブログを運営している方の中には、小説やエッセイ、詩などを書籍化したい方も多いようですが、それらを出版するには並大抵のことではありません。ブログでタダで読める内容を書籍化するためには、それなりの必然性が必要になります。 http://t.co/2uyzieUoO8
16:58
1日にたくさん記事を投稿して、アクセスアップすると、ランキング上位に露出することができ、編集者からのオファーがくるというスパイラルを作るのが最短距離になるということです。でも、こんなことなかなかできないと思います。 http://t.co/vh1bbLRSwC
15:02
この本は、“買い!”ですよ〜 http://t.co/X9pOlJrEMM
01:27
安達晃さんの『音痴も直る♪奇跡のボイストレーニング』の3刷が決まりました! http://t.co/xJFR3szklh
<<back|<909192939495969798>|next>>
pagetop