August 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

出版コーディネーターによる2013年07月23日のつぶやき

22:15
出版プロデューサーのセミナーに参加すると、必ず2パターンの話が出ます。「出版社は企画を探しているので、どんどん企画書を送りましょう」「出版社は企画を募集しているわけではないので、送っても読んでくれません」 http://t.co/pVbFsVRcUE
17:07
もし、お金を出して自費出版をするぐらいの覚悟があるのなら、絶対に同額のお金を出して商業出版することをオススメします。何も出版は“印税をもらえる商業出版”と“費用負担をする自費出版”だけではありません。 http://t.co/16jYLVJoFC
11:30
【奈良遠征 第二弾!】出版企画勉強会 in 奈良 http://t.co/J2StJd0IFf

出版コーディネーターによる2013年07月22日のつぶやき

22:17
最近、『書籍の出版は早い者勝ちだな〜』と思います。「こんな企画で出版したいんです!」と熱く語られた企画は、弊社が昨年に著者探しで苦労した本と同じ企画だったり、つい先日に決まった企画と同じ企画だったり…。 http://t.co/KD1OCx8HzO
18:47
【奈良遠征 第一弾!】出版実現セミナー in 奈良 http://t.co/205bWixYlB
17:07
商業出版で印税などの収入を受け取っても、決して儲かるわけではありません。印税は、定価×部数×印税率で計算されます。通常、ビジネス書であれば、1500円×6000部×6%が一般なので、54万円になります。 http://t.co/9X6IukM0VJ
14:31
AKIRAさん、詩菜さんの『秘密の歌唱テクニック17』の増刷が決まりました! http://t.co/mt8VJxyttF

出版コーディネーターによる2013年07月19日のつぶやき

22:09
プロフィールは、その企画の著者として資格をアピールする項目です。著者の資格ですから、当然、実績や経験から、この内容を書ける人だということが伝わる必要があります。http://t.co/YArcgDecIT
17:06
ブログで出版を目指すなら、1次情報かとっておきの2次情報の記事をアップする必要があります。1次情報は、自分で直接取材したり、体験したりして得られる情報で、その1次情報を参考に再編集した情報が2次情報です。http://t.co/DmBCVOPSab
12:56
起業応援ビジネスマッチング交流会に参加してきました http://t.co/yjyGwKGUXT

出版コーディネーターによる2013年07月18日のつぶやき

22:12
まずは自分に合った出版社探しが重要です。恋愛でも、自分の好みではない人にアプローチはしないですよね。同じように、企画によって最適な出版社というものがありますし、出版社のカラーや編集者との相性もあります。 http://t.co/p67v064H3p
17:08
ビジネス書、パソコン書、実用書の場合、出版企画書をしっかり作り込めば、出版することはそれほど難しくはありませんが、文芸関連での出版は対応してくれた編集者の主観による判断に委ねられます。 http://t.co/4Yab1nSLIO
12:55
ニーコネランチ会に参加しました http://t.co/iLuAqWHQBa

出版コーディネーターによる2013年07月17日のつぶやき

22:15
ビジネス書の場合、そのノウハウが秀逸で体系化されていれば、はじめての著者でも出版しやすい環境が整っています。また、「この本を読むとどうなれるのか」が明確にすることが重要なので、執筆もしやすいといえます。 http://t.co/HlpfUBSGHC
17:08
本を出版したらなぜかやりたがる方の多い『書店まわり』。出版社の方や書店の方によって見解が全く違います。 http://t.co/VHfN9MbTiU
10:04
原久鷹さんの『最新iPad無料アプリ1000』が発売されました http://t.co/WrqzBgTu8b

出版コーディネーターによる2013年07月16日のつぶやき

22:16
出版社がネタとして面白いブロガーを探すポイントは、“検索結果”と“口コミ”です。言い換えると“ネタ”と“人”ということになります。この2つのポイントは、探す側の意識が全く違うので注意してください。 http://t.co/FfrMGGDDOR
17:08
1日200冊以上が発刊される昨今、書店に置いてもらうことすら難しくなってきました。それでも、どうせ本を出すのならロングセラーを狙いたいものです。では、ロングセラーを狙うにはどうすればいいのでしょうか? http://t.co/4g7YUJBgnz
16:59
ジャイアン出版塾1日集中講座に参加しました http://t.co/1K9h4GqtRS

出版コーディネーターによる2013年07月12日のつぶやき

22:09
企画会議で「アマゾンキャンペーンで2000部は売ります。売れ残ったら買い取ります」と言ってみてください。出版社としては、2000部の販売を確保することになるので、企画を通す敷居は間違いなく下がります。 http://t.co/0YBISJBYzp
17:06
出したい人が多いわりに、出版社で企画が通りにくいジャンルも公開します。読物系ビジネス書企画(自己啓発など)コンプレックス企画(美容・ダイエットなど)。そして、間違いなく無理なのは、詩や小説、自伝などです。http://t.co/KqEHqwWGjP

出版コーディネーターによる2013年07月11日のつぶやき

22:12
金田秀子さんの『50年後も愛され妻でいられる方法』が発売されました http://t.co/acMSiakHoI
22:10
本を書くのに地域は関係ありません。都内よりチャンスが少ない地方の方が、面白い著者や企画が眠っているはずです。私は、これからもドンドン地方の方々に出版のチャンスを提供していこうと思います。 http://t.co/zjXed7QHQh
17:06
出版企画書を読んでいると、企画書としてもの凄く完成度の高い場合があります。もちろん、それだけ完成度が高いので、企画はすぐに通り、出版されました。しかし、その本が売れません… http://t.co/sb1oCVGjEo
<<back|<9293949596979899100101>|next>>
pagetop